Pages Navigation Menu

My Own Way

ハジメのキッカケ . . .

そもそも自分が動画の撮影をすることと、
それを自分で編集することを始めた理由についてのエントリー。

元々、家族との記録としてビデオ撮影は以前から普通にしてました。
ですが基本的に撮りっぱなしで、編集なんてものはしたことはありませんでしたね。
あまり必要性も感じていませんでしたし。

それとは別に、そのようなビデオ撮影とは異なる、映像作品として編集されたものを動画サイトなどで見かけたことはありましたが、正直自分には関係のない世界って思ってました。
だって、それらを制作するにはそれなりの撮影機材が必要であったり、作品を仕上げるための編集作業が大変そうだろうなって普通は考えるじゃないですか。
そう言う敷居の高さを感じていたので、正直言うと自分で動画を編集するなんてことは全く考えませんでした。

2007〜2008年頃のことですが、某車関連のSNSをふらふらしていると車の走行映像を編集した動画に目を奪われました。それが NONBYさんの「NONBY’s M5 NOTE」というコンテンツです。

作品に出てくる車がBMW M5だったり、Audi S4だったり、Porsche 996だったり。。
それらが激しく走行している映像なものですから、なかなか迫力ありました。

とは言っても、ただ車が走っているところを撮影して繋げただけのものではなく、物語ができているところにも魅力を感じましたね。
ただ作品のクオリティもそうなのですが、その撮影の全てをコンデジで行っていることを知り激しく衝撃を受けました。
  

    「身近な撮影機材でも動画を撮影したり、それっぽく映像作品にすることができる」

  
それで自然と「自分でも動画撮影して映像作品を作ってみたい!」って欲求を抱くようになりました。

    きっかけなんて意外とあっさり単純なものですよね。

   

SONY DSC-W300

SONY DSC-W300

  
写真は、初期の車動画作品の撮影に使用していた SONY DSC-W300。
撮影中に走行している車から落としたりとかなり手荒な扱いをしましたが、特に大きな故障もせず健気に働いてくれました。
最近では息子に使わせていましたが、やはり手荒い扱いのせいなのか、先日電源ボタンが陥没しているのを発見。
ペン先などで押し込めば電源入りますが、静かに余生を過ごしてもらおうかな?

 

#文中に出てくるNONBYさんの動画やコンテンツは全て削除されており、一般にはもう観ることは出来ませんのであしからず。

  
チャンネル登録は⬇コチラ

 
 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です